Top

マンション購入とリノベーションの記録
by tomandkaro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
ライフログ
プロローグ
それは友達からの1通のメールだった。

不動産の間取りをみることが趣味の友達Iさん。
しょっちゅうネットで不動産情報をチェック。
気に入った物件(で、我々が好みそうな物件)があると
「この物件いいんじゃない」
と、物件情報をメールしてくれる。
いつもはその物件情報をみて
ふうん、いいね、とおもうのだけれど、そのままになってしまうのだったが。
今回送ってくれた物件、築35年の中古マンション。
なぜかみにいってみようかな、と思ったのだった。


ダンナが忙しかったのでとりあえず私だけIさんに付き添ってもらってみにいくことにした。
見せてもらった部屋はリフォームをしていない、前の住人がでたままになっていた部屋だった。
我々夫婦は中古マンションを買って好きなようにリフォームして住みたい。
だからよけいなリフォームは不要、その分安く買いたいという考え方。
なので、リフォームしていないというのはマル。

入ったら、いきなりどーんとリビングという間取りも面白かった。
玄関から続く廊下がないのだ。
限られた広さを廊下でとられてしまうのはもったいない、というのも夫婦共通の意見。
ここもポイント高い。
部屋は、このリビングに、洋間が二つ(窓がある部屋とない部屋)、あと和室が一つの3LDK。
リビングと、窓のあるほうの部屋の間の壁をぶち抜いてひろくしたら明るくなって使いやすそう。
窓のない部屋は納戸に。和室はダンナの茶室かな?(笑)
キッチンは狭いけれどまあ、工夫すればどうにかなるし。
みているといろいろと想像(妄想)が膨らんでくる。


Iさんの友達に、別の棟の同じ間取りに住む家族がいるというので
その部屋もお願いしてみせてもらうことにした。
このお友達Kさん夫婦はおしゃれな夫婦で、
古い物件をいいかんじにリフォームして住まわれている。
ああ、こんな風に住めたらいいなあ、とますます妄想は広がる(笑)
この部屋をみせてもらったことで住んだあとのイメージが現実的にとらえられたのもよかった。


家に帰ってダンナに言った。
「あの部屋、けっこうよかったよ、見に行ってみない?」


という訳でこれ以降の記事はダンナにバトンタッチします。
[PR]
by tomandkaro | 2010-12-13 19:00 | 物件探し・購入
<< はじめに